おせっかいおばさんず誕生ストーリー

代表Chiharuのおはなし

主婦不適合者の烙印

前職は、私は元々銀行員でした。

バリバリ働いていたかと言うと、それなりが正しいような気がします。営業成績の順位は2160人中25番くらい。
生活のために仕事はあると思っていたような社員です。

結婚し子供が生まれ、主人の転勤のタイミングで、私は専業主婦になりました。

子供好きでしたし、掃除や料理も苦ではなかったので、きっと私は主婦もそれなりにこなせる。
そんな思いでいたのですが、これが全く違いました。
どんなに掃除をきれいにしても、どんなにおいしいご飯を作っても誰も認めてくれない。

生産性のない日々。無価値感。

想像していた自分の生活とは全く違い、毎日を主婦不適合者の烙印を押されたような気持ちで過ごしていました。

やりがいはあるけど収入がない

この状況から抜け出したくて働こうと決めたのですが、待機児童の関係でどこにも預けられず、そして自分のプライドや感情が邪魔をします。

四大まで出てパートは嫌だ。

ずっと続けられる仕事がしたい

矛盾してるけど、子供を保育園に預けてまでは嫌だ、とか。

それなのに誰かにあなたが必要と言われたい
何とか楽しく暮らしたい。

息子がいながらでも楽しく働ける方法はないか??

そんなことを考えて、私は息子を連れた状態で、息子が生まれた時に取った保有資格を生かして自宅で知育教室を始めることにしてみました。

とてもありがたいことに、教室は小さいながらにいつも、募集をかけるといつも1〜2分で満席状態

集客には困らなかったのですが、低単価の商品を販売していたために経費を除くと収入がほぼ0の状態だったのです。
やりがいはあるけど、収入がない。
どこかお遊びのような、負け犬のような劣等感。

時間+収入+やりがいすべてを満たすワークスタイルの研究

転勤があっても、子供がいても、限られた時間でも、場所を選ばず働けて、収入もきちんと得ることができる

そんな方法はないのか?と模索しオンラインビジネスについて学ぶことにしました。
でも、途中でその先生の働き方を素敵と思えなくなってしまったのです。

先生は、目の下にクマを作って、朝から夜まで働いて、収入は上げているけど完全にキャパオーバー。

生徒さんのサポートにも手が回っていない状態でした。
お金のためだけに働くのは嫌だ。

私は家族もお客様も自分も満たせる働き方をしたい。

9時〜14時の働き方でも、全員が満たせる働き方は作れないものか

どうすればその働き方が実現するか?
なぜ私の先生はここまでのキャパオーバーを起しているのか?

お客様の満足度は絶対に下げずに、やらなくて良いことはとことん削減するには、一体どうすれば良いのか?

それには、すべきこととしないことの選別を誤らないことが大切と分かりました。

大体の人は集客をしたくて、あれやこれと不安になり色々なものに手を出します。

その選択によって、キャパオーバーが起き、結局全てが手に入らない状態に陥ってしまうのです。

家族との時間を大切にしながらしっかり稼ぐ

幼稚園ママにとって、時間は命です。

どこに時間を割いて、どのようにビジネスの仕組みを作るか、集客に時間をかけない分、既存のお客様に時間をかける時間術

それでいて、しっかり収入が入ってくるビジネスの仕組み作り。

これを手に入れたために、私の人生はようやく自分が満たされた状態で生活を送ることができています。
私には大好きな家族がいます。

大好きな息子がいます。

主人や息子との時間を大切にしながら働く。

家族にもお客様にも誰からも愛されながら、誰も犠牲にすることなく仕事がしたい
どんなに仕事をしても、9:00~14:00で働く

ここは私にとって譲れない条件です。

欲張りにも私は全てが欲しいのです。
もしあなたが、仕事に没頭し、お子さんとの時間は少ない方が良いと言うのならこのサービスは向いていないと思います。
でも、もし、ご家族との時間を確保しながら、自分も満たせるライフスタイルをお探しであれば、きっと私はあなたのお役に立てると思います。
あなたがこれから手にしたいのはどんな未来なのでしょうか?

おせっかいおばさんずは、あなたの未来を応援します!

タイトルとURLをコピーしました